富山で出会いがあり映画に興味をもった

写真を表示

「風に吹かれて」ボブ・ディラン(1963)

富山で出会い
伊坂幸太郎原作、
2007年に公開された映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観ました。

原作を読んでないし、富山で出会い
そのストーリーの中で
ボブ・ディラン「風に吹かれて」を「神様の声」としてフィーチャーされているという
ただその一点だけで興味を持ち映画を観てみました。

なるほど
ボブ・ディランがこのような形で使われているのは新鮮だったし、
ストーリー自体もよくできていると思いました。

ファンとして富山で出会い
この原作や映画をきっかけに
ボブ・ディランに興味を持ったり、
さらにロックにも興味を持ってくれた人がいれば嬉しいことです。

さらに富山で出会い
このストーリーの舞台が仙台ということで、
僕が20代の頃に初めての一人旅をした地でもあり
そんな意味でも印象深い映画になりました☆
『 『ロックンロールの自殺者』 』

写真を表示富山で出会い
『ロックンロールの自殺者』デビッド・ボウイ(1972)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です